コロナ禍の現実と希望、演劇で表現 「世界は右側でデキている」12月に福岡市で上演 

 未知の感染症への不安、同調圧力、自粛警察…。新型コロナウイルスの流行で明らかになった日本社会の現実と希望を描く舞台「世界は右側でデキている」が12月18、19日に福岡市で上演される。感染状況が落ち着いた今、この2年間の混乱を振り返り、社会の在り方を考えさせる作品だ。...

残り 585文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR