ガラス製灰皿、乾電池… 思わぬ品が出火原因に

防犯速報おじさんの「福岡見張り番」11

 空気の乾燥する冬は火災に注意する季節です。

 福岡市消防局によると、2020年の火災発生件数は261件で損害額は約1億9000万円でした。出火原因のトップはたばこ49件、以下は41件の放火、33件のこんろと続きます。

 過去5年間でみると、火災は300件前後発生し、出火原因も順位は変動しながらもこの三つが上位を占めています。

 驚いた ガラスが割れて 火事になる

 たばこを巡っては、新人記者時代、福岡市のマンション一室で発生した火災を取材し、出火原因に驚いたこと...

残り 1217文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR