白菜で「一角破り」 「振り返れば未来」(22)

【聞き書き】農民作家 山下惣一さん

 「松田思想」の実践その2は「一角破り」。「人並みなら人並み、人並み外れにゃ、外れぬ」で、小さいことでもいいから殻を破ると楽しさが分かり、さらにそれを徹底すれば世界観も変わる、という教えです。私も自分自身の一角を破ろうと友人2人を誘い、白菜作りの競争を始めました。

 舞台は、村の連中の目につくよう幹...

残り 884文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR