「幻の石橋」を嘉麻市指定文化財に 架橋150年以上のリブアーチ

 福岡県嘉麻市の赤間幸弘市長は30日、市議会定例会で同市桑野を流れる遠賀川に架かる石橋を指定文化財に登録する方針を明らかにした。市によると、架橋から150年以上経過しているとみられ、全国的にも珍しい石材を縦向きに組む「リブアーチ」と呼ばれる工法で作られている。

 2019年から、朝倉市の朝倉高史学部がこの...

残り 360文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR