納豆カプセルで「腸内環境が改善」 福岡の企業、佐賀の204人調査

 納豆加工品を販売する「そのもの」(福岡市)は30日、佐賀県江北町の町民204人を対象としたモニター調査の結果を発表した。カプセル状の納豆加工品を毎日摂取した町民の便内に、腸内環境を整えるビフィズス菌が増加するなどの効果が確認された。

 調査には医師らでつくる「医学フードダイバーシティ学会」(同市)...

残り 288文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR