九電、温室ガス排出の「マイナス」目指す 50年までに、再エネや電化推進

 九州電力は30日、脱炭素の実現に向けた九電グループ全体の具体的なアクションプランを取りまとめた。国内の事業活動全体を通じて排出される温室効果ガスを2030年までに13年度比で65%削減することや、グループとして50年より早い時期に「実質ゼロ」より踏み込んだ「カーボンマイナス」を達成する新たな目標を...

残り 398文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR