鷹の守護神・森「お疲れさま。そしてありがとう、キング」

 ソフトバンクの森が師と仰ぐサファテに改めて敬意を表した。現役引退が正式発表された30日、本人からメールで報告を受けたという。「寂しい」と感傷に浸り「長い間、お疲れさま。そしてありがとう、キング」と翻訳機能を使って英文で返信したことを明かした。

 プロ2年目の2015年からキャッチボールの相手を務めた。「野球に対する姿勢、向き合い方を学ばせてもらった」。サファテが戦列を離れた後、森は抑えに回って通算121セーブを記録。ただ、この日サファテが球団に寄せたメッセージには、森に向けて名球会入りの条件となる250セーブを目指して「頑張ってください!!!」と願う一文があった。

 「なかなかハードルが高い」と言う森も「とにかく一試合一試合、全力で投げ抜く。それが彼から学んだこと」と誓いを新たにした。 (石田泰隆)

関連記事

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR