「空港アクセス鉄道」整備、半導体大手進出を受けルート案再検討 

 蒲島郁夫知事は30日、県議会本会議で、JR豊肥線を延伸して熊本空港(益城町)を結ぶ「空港アクセス鉄道」構想について、ルート案を再検討する考えを表明した。世界的半導体大手、台湾積体電路製造(TSMC)の菊陽町進出を踏まえ、蒲島氏は「県全域の利便性向上につながるよう効果の高いルートを検討したい」と述べ...

残り 481文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR