古びた「足」にも全力捜査

 先日、いつものようにマンション駐輪場に向かうと、職場の長崎総局まで通勤に使う自転車が消えていた。購入は約7年前。車体はさびて変速機も壊れているものの、私にはれっきとした「足」だ。前日の帰宅時には施錠した。盗まれたとしか考えられず、警察署に向かった。

 その自転車は売っても値が付くかどうかの代物。捜...

残り 235文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR