鹿児島中央行きの山陽新幹線、窓の部品にひび 新下関~博多間を運休

 30日午後3時40分ごろ、兵庫県内を走行していた新大阪発鹿児島中央行き山陽新幹線さくら563号(8両編成)で、乗務員室にある窓の開閉装置の部品にひびが入っているのを車掌が見つけた。JR西日本によると、直ちに走行に問題はないとして運転を継続したが、「窓が開いて危険が生じる恐れがある」として新下関駅に...

残り 60文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR