学芸員の挑戦 男女、人種…不均衡是正へ「希望捨てない」にじむ覚悟 

 【アート×ジェンダー2021】❶

 今年9月、東京の世田谷美術館で、熊本県八代市出身の塔本シスコ(1913~2005)の油彩など220点超を紹介する初の大規模回顧展が開かれ、注目を集めた。53歳から独学で絵を始めた塔本は、風景や人、動物を色鮮やかに自由な角度で描き込み、91歳で亡くなる前年まで続けた。

 「美術の固定観念をアップデー...

残り 2452文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR