たき火囲んで氏神お迎え うきは市で神事「堂籠もり」

 福岡県うきは市や久留米市田主丸町の神社などで11月30日夜、たき火を囲んで地元の氏神を迎える神事「堂籠(どうご)もり」があった。

 堂籠もりは、出雲大社に出向いた氏神が迷わず戻ってくるよう、目印として火をたいて迎えるとの意味がある。毎年11月30日夜に行われ、集まった子どもたちが神社のお堂に一晩こもったことから堂籠もりと呼ばれるようになったという。...

残り 168文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR