天草から新たな地蔵 熊本豪雨で流失の相良村・高尾野地区に寄贈

 地域でまつっていた地蔵が昨年7月の熊本豪雨で流失した熊本県相良村・高尾野地区に1日、天草市の彫刻愛好団体「御領(ごりょう)石の会」から新たな地蔵が寄贈された。流失を悲しむ住民の思いを知った会員が「心の復興に役立てたい」と制作した。

 地蔵は川辺川沿いの村道脇に長年置かれ、文化財指定されておらず製作年代や...

残り 345文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

熊本県の天気予報

PR

PR