発熱外来補助金、メール手続き不備で遅れ 厚労省認め支払いの意向 長崎の医院は訴訟取り下げへ

 新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備えた発熱外来の補助金が支給されないとして、長崎市の医院が国に損害賠償を求めた訴訟を巡り、厚生労働省が手続きの不備を認め、補助金を支払う意向を医院側に示したことが分かった。運営する医療法人の本田孝也理事長が1日に記者会見して明らかにした。

 本田理事長...

残り 274文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

長崎県の天気予報

PR

PR