鷹の田中が先発挑戦見据え千賀に弟子入り 契約更改で200万円増

 ソフトバンクの田中正義投手(27)が1日、ペイペイドーム内で契約更改交渉に臨み、200万円増の年俸1300万円でサインした。5年目で初の増額となった右腕は来季の先発挑戦を見据え、千賀滉大投手(28)に願い出て、来年1月の自主トレを宮古島で共に過ごす予定を明かした。

 今季救援で自己最多18試合に登板し、防御率2・16の好成績を残した。「やってきたことが形になるかもしれないという希望が見えてきている」と田中。藤本監督は来季、先発挑戦のチャンスを与える考えを明かしており、「意気に感じてこのオフを過ごしたい」。意気込みの表れがエース千賀への弟子入りだ。技術面やトレーニング法はもちろん、一番は心構えも学ぶつもりだ。

 5球団競合の末、鳴り物入りのドラフト1位で入団しながらまだ未勝利。「オープン戦、キャンプ、全部の競争を勝ち抜き、開幕ローテーション、1軍に入らないと(勝利は)見えてこない」と意気込んだ。

 昨季盗塁王の周東は400万円減の年俸3600万円、3年目の野村は700万円で更改した。(金額は推定)

関連記事

PR

PR