博多港の防波堤、貨物船の撤去作業難航 漁業者らは漁を中止

 博多港(福岡市)の防波堤に衝突して乗り上げたパナマ船籍の貨物船(9576トン)は、燃料油の除去作業が難航し、撤去の見通しが立っていない。油はオイルフェンスの外にも漏れ出して漁業者は漁を中止。市営渡船も運航を見合わせるなど影響が広がっている。

 貨物船は11月28日深夜、神戸港に向けて箱崎ふ頭(同市)を離れた直後に衝突。...

残り 340文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR