レゴブロックでスロープ作り 障壁解消へ「気づきの一歩に」 熊本市

 まちの段差をレゴブロックでつくったスロープで解消しようと、熊本市の官民団体「WeDOくまもと」(長江浩史代表)は11月28日、熊本市現代美術館で初の組み立て作業を行った。

 目を引くことで、分かりにくい障壁に気づいてもらいバリアフリーにつなげていく試み。家庭にあるレゴブロックを広く募ったところ、熊...

残り 238文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR