裸をめぐって(上)見られる女性、見る男性 モヤモヤ表現する作家たち

 【アート×ジェンダー2021】❷

 美術館で「裸婦」に遭遇すると、反射的に目を背けてしまう。公園や道端で出くわす裸体像が好きではない。服を着せたい…。この種のモヤモヤを鑑賞者が抱いたとしても、声高には言いづらい状況がアート界には長くあった。風穴をあけたのは、米国の匿名アーティスト集団ゲリラ・ガールズである。1989年、美術館のジェン...

残り 2046文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR