福岡生まれのスリランカカリー  シェフと3カ月試作重ね 「ヌワラエリヤ」(福岡市中央区)

福岡を食べる】 

 週に1回、無性に食べたくなる味がある人も多いのではないか。記者(39)の場合、「スリランカカリー」がその一つ。スパイスの風味豊かなスープの辛さが何とも後を引くのだ。8月の異動で福岡市に戻って以来、天神のレストラン「ツナパハ」に足しげく通っている。「福岡生まれ」というこのカレー、どうやって誕生したんだろう。本店にあたる同市中央区のスリランカ料理店「ヌワラエリヤ」へ向かった。

 けやき通りに面したビルの2階にある店は、扉を開けた瞬間、まるで旅で訪れたような気分になる。大きな窓に一枚板のカウンター、コンクリートの壁。飾りのパラソルや観葉植物に異国情緒が漂う。

 設計と内装を手掛けたのは、店のオーナーで建築家でもある前田勝利さん(79)。...

残り 1830文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR