久留米市長選、3人が争う構図ほぼ固まる 教育関係者は出馬断念

 福岡県久留米市長選(来年1月16日告示、23日投開票)を巡り、地元経済界の一部から出馬要請を受けていた教育関係者が立候補を断念したことが分かった。1期目の大久保勉市長(60)が10月に再選不出馬を表明して以降、情勢は流動化していたが、既に立候補を表明している新人3人の選挙戦となる構図がほぼ固まった。

 立候補を検討していた県教育界の関係者は1日夜、擁立を目指していた大久保市長に近い経済界の一部に不出馬意向を伝えた。自民党県連関係者の支援を期待していたが、実現しないと判断したためとみられる。...

残り 444文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR