博多の街に130年、大黒天像に最後の祈願 移転の宝照院で「福迎祭」

 本堂の老朽化などに伴い太宰府市に移転する福岡市博多区冷泉町の修験道寺院、宝照院で2日、最後の「大黒天福迎祭」が始まった。災厄を退ける辻祈祷(きとう)などで、博多の町の安寧や人々の健康を祈願してきた130年の歴史の締めくくりとあって参拝客でにぎわった。3日まで。...

残り 392文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR