糸島の伝統野菜を未来へ、全国へ 農業高生「芥屋カ部」の挑戦

 福岡県糸島市の志摩芥屋地区だけで栽培されている伝統野菜「芥屋かぶ」を未来につないでいこうと、糸島農業高の生徒たちが奮闘している。土から顔を出した部分の皮は赤紫色で、中は白く、勾玉(まがたま)のような形が特徴。同高農業技術科で学ぶ2、3年生17人が、その名も「芥屋カ部」として栽培から収穫、販売実習まで取り組んで継承に力を入れ、「芥屋かぶを全国に広めたい」と大きな夢を描く。...

残り 866文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR