甲斐、最多得票でゴールデングラブ賞 5年連続受賞「素直にうれしい」

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手(29)がパ・リーグの捕手部門で5年連続5度目のゴールデングラブ賞を受賞した。捕手の連続受賞はダイエー・ソフトバンクの城島健司(現ソフトバンク球団会長付特別アドバイザー)の7年(1999~2005年)が最長。甲斐は歴代単独2位だ。

 「プロに入団して一番守備にこだわってきた選手にとってはこれ以上ない賞なので、5年連続の受賞は素直にうれしい」。有効投票数273票のうち254票を獲得。12球団最多、パ・リーグに限れば2年連続の最多得票を集めた。

 今季の盗塁阻止率4割5分2厘は3年ぶりのリーグ1位で、両リーグトップ。それでもチームが8年ぶりのBクラスに沈んだだけに「来季も賞に恥じないよう、日々精進していきたい」と誓いを新たにした。 (長浜幸治)

関連記事

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR