アナゴ、ミカン、シイタケ…対馬の中学生、防波堤に特産品描く

 キャンバスは防波堤-。対馬市厳原町の豆酘(つつ)中(岩永秀久校長)の全校生徒23人が、校舎近くの漁港の防波堤に地域らしさを詰め込んだ絵を完成させた。ヒラマサ(ヒラス)、イカ、アナゴ、タチウオなど地元の沖合で取れる魚介類のほか、特産の豆酘ミカンやシイタケなどが並び、漁港を彩っている。

 「防波堤アー...

残り 400文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

長崎県の天気予報

PR

PR