DV被害者支援「長崎モデル」野田大臣が視察 県庁で車座対話

 野田聖子・男女共同参画担当相が2日、ドメスティックバイオレンス(DV)被害者の支援に関する視察で長崎市内を訪れた。県が民間と連携し、一時保護から自立まで切れ目なく支援する「長崎モデル」と呼ばれる取り組みの説明を受けた。法改正など国の施策の参考にするという。

 野田氏は、同市内の拠点施設「長崎...

残り 180文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR