中核市への移行論議「庁内検討会」設置へ 佐賀市長が方針

 佐賀市の坂井英隆市長は2日、中核市への移行について市の関係部署で議論する「庁内検討会」を近く設置する方針を明らかにした。市議会定例会の一般質問で、江頭弘美議員(自民党)の質問に答えた。

 中核市は人口20万人以上が要件で、保健所設置などの権限が県から移される。坂井市長は10月の就任記者会見で自前の...

残り 245文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR