「子どもたちよ、夢はかなう」元大関琴奨菊の秀ノ山親方 故郷柳川に優勝額寄贈

 大相撲の元大関琴奨菊の秀ノ山親方(37)が2日、出身地の福岡県柳川市に、2016年初場所で初優勝した際の優勝額を寄贈した。額は市民文化会館に飾られる。

 秀ノ山親方は02年に初土俵を踏み、11年の秋場所後に大関に昇進。昨年11月に引退した。額は16年の夏場所から今年の秋場所前まで両国国技館に飾られていた。縦が3・17メートル、横が2・28メートルあり、重さは約80キロ。

 写真は、地元後援会の贈った化粧まわし姿。柳川名物「どんこ舟」と、白星を意味する菊の花15個が並ぶ。寄贈に際し、親方が込めた柳川の子らへのメッセージは「夢はかなう」。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

絨毯 キリム展 

  • 2022年1月13日(木) 〜 2022年1月17日(月)
  • 街角ギャラリーMIMOZA
開催中

現代版画2022

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月17日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR