「デジタル終活」忘れずに 最期まで自分らしく生きるための準備

 人生の終着を見据え、身の回りのさまざまなものを整理する「終活」。最期まで自分らしく生きるには、どんな準備が必要なのか。自分の大病や家族のみとりを機に、終活を支援する活動を始めた2人に聞いた。 (山田育代)

 ソフトウエア販売会社を経営する前野泰章さん(52)=東京=は「デジタル終活」の支援に取り組む。会員制交流サイト(SNS)のやりとりや写真などのデジタルデータが思わぬかたちで残るのを...

残り 1595文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR