『秋のカテドラル 遠藤周作初期短篇集』 遠藤周作著

 フランス中部の街のカテドラル(大教会)を訪れた日本人の「私」。若き日の遠藤周作を思わせるうっ屈した私は色硝子(がらす)の美しさに魅了されるが、制作者については謎だという。名を残さなかった制作者の胸中に思いをはせる表題作など14編。遠藤文学館に保管されていた若き日の秀作を単行本化した。

関連記事

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR