【★どうが★やさしい日本語】「太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)」で、正月(しょうがつ)の  準備(じゅんび)を している

日本にっぽんでは、お正月しょうがつに  神社じんじゃや  てらで「初詣はつもうで」を  する  ひとが  おおいです。

いい  1ねんに  なるように  ねがいます。

福岡ふくおかけんの「太宰府天満宮だざいふてんまんぐう」の  ひとたちは  いま正月しょうがつの  準備じゅんびをしています。

いいことが  あるように  おねがいするための「縁起物えんぎもの」を  つくっています。

縁起物えんぎものには  いろいろな  かたちが  あります。

太宰府天満宮だざいふてんまんぐうでは、うめの  はなを  けた  (arrow)の  かたちの  かざりや、の  かたちの  かざりなどが  あります。

来年らいねんは「とら」の  としですから、とらの  や、とらの  かたちの  縁起物えんぎものも  あります。

縁起物えんぎものは、全部ぜんぶで  6まんぐらい  用意よういします。

毎年まいとし正月しょうがつには  とても  たくさんの  ひとが  太宰府天満宮だざいふてんまんぐうに  ます。

神社じんじゃの  ひとは、新型しんがたコロナウイルス(COVID- 19)の  心配しんぱいが  あるので、まえの  ひとと  はなれて  ならぶように  おねがいしています。

 

もとの  記事きじは  こちら

関連記事

PR

PR