沖縄の旧石器人は語る 野村大輔

 沖縄県南城市にある景勝地ガンガラーの谷の洞穴内にサキタリ洞遺跡がある。近年、ここで2万3千~2万年前に暮らしていた人々の骨や、貝で作った道具の出土が相次ぎ、遺跡は旧石器時代研究の最前線となっている。

 10月には、ニシキツノガイ製のビーズに赤色顔料が付着していることが明らかになった。ストロー状の...

残り 892文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR