鳥インフル封じ込めへ懸命 行政機関、業者が殺処分や消毒

 「またか-」。2016年に続き鳥インフルエンザが確認された熊本県南関町では3日、養鶏関係者や住民に衝撃が広がった。養鶏場周辺では早朝から殺処分や消毒作業が始まり、行政機関や業者は防疫態勢を強化するなど警戒を強めた。

 県は同日、南関町と近隣の荒尾市、和水町の幹線道路沿いに、家畜関係車両を対象にした消毒ポ...

残り 773文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

熊本県の天気予報

PR

PR