4日間不眠、水1リットル… 水陸機動団が過酷訓練完遂 陸自相浦

 約11週間を山中などで過ごし、陸上自衛隊で最も過酷とされるレンジャー訓練を終えた隊員33人の帰還式が3日、長崎県佐世保市の陸上自衛隊相浦駐屯地であった。

 訓練には素養試験を通過した水陸機動団の精鋭が参加。山間部での敵を想定した襲撃、銃を持った走行訓練などを行い、最後の4日間を水は1日1リットル、睡眠時間なしで約40キロの装備を背負って移動した。訓練中には隊員の1人が滑落して一時行方不明となるトラブルもあった。...

残り 135文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

長崎県の天気予報

PR

PR