浸水情報リアルタイム発信 佐賀市、大雨時の方針表明

 佐賀市の坂井英隆市長は3日、毎年のように発生する大雨被害を受け、大雨時の浸水情報をリアルタイムで市民に発信する新たなシステムを構築する方針を明らかにした。市議会定例会一般質問で福井章司議員(自民党)の質問に答えた。

 市によると、2018年から4年連続で大雨特別警報が出る大雨が続き、市内では土砂災...

残り 239文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR