「風化させない」福岡市の原三信病院へのタクシー突入事故から5年 

 福岡市博多区の原三信病院にタクシーが突っ込み3人が死亡、7人が重軽傷を負った事故から3日で5年となった。病院前には献花台が設けられ、看護師らが「事故を風化させないようにしたい」と犠牲者の冥福を祈った。

 献花台に花を供えた看護師の藤川暢子さんは事故当日、院内で勤務中に緊急連絡を受け、現場に駆け付けた。...

残り 416文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR