大塚「優勝争いしたい」 5日最後の福岡国際マラソン

 75回目となる今大会で幕を閉じる福岡国際マラソン(5日・平和台陸上競技場発着)に出場する有力選手が3日、福岡市内で記者会見した。

           ◆

 今夏の東京五輪は補欠だった大塚祥平(九電工)が、自己記録更新と代表争い挑戦を誓った。「自己ベストを出して優勝争いをしたい」。着実に力を付けてきた27歳は意気込みを披露した。

 昨年の大会では序盤の転倒というアクシデントを乗り越え、2時間7分38秒の自己ベストで2位に食い込んだ。数々の名ランナーが羽ばたいた福岡国際の最終章となる今大会の目標に「2時間6分50秒」を掲げた。

 東京五輪の代表選考レースだった2019年の「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」は4位。東京五輪では舞台となった札幌に同行し、補欠として準備を重ねた。「五輪に出場する選手は重圧を感じていたはず。自分はそういう位置にいなかった。だからこそ、そこに行きたい」と、さらなる成長の糧とする。

 「自分の持っているものを全て出し、代表争いに絡みたい」。来夏の世界選手権、さらに24年のパリ五輪での日本代表入りへ、決意を胸にスタートラインに立つ。 (松田達也)

関連記事

PR

PR