「した方がいいと…」虚偽申告でワクチン4回接種 熊本の医療従事者

 熊本県合志市は3日、市内の医療従事者の60代男性が、新型コロナウイルスワクチンを故意に4回接種していたと発表した。男性は優先接種の後、一般向けの枠でも予診票に虚偽の回答を記入して受けた。「感染者が多い状況だったため接種した方がいいと考えた」と話しているという。

 市によると、男性は医療従事者向けの...

残り 191文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR