『花山院隊「偽官軍」事件』 長野浩典著

 「偽官軍」と聞けば相楽総三の「赤報隊」が有名だが、それより前の1868(慶応4)年、九州の諸藩を佐幕から勤王へなびかせる計画を実行するために結成された「花山院隊(かさのいんたい)」の存在はほとんど知られていない。彼ら勤王の志士たちは、なぜ「強盗」呼ばわりされ、「偽官軍」として歴史の闇に葬り去られた...

残り 80文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR