『国語教育は文学をどう扱ってきたか』 「論理」と「文学」のはざま

幸田国広著

 「山月記」「こころ」「羅生門」…教科書で出合った名作をなつかしく思い出すが、2022年度から高校の国語は、論理的・実用的な文章を扱う「論理国語」、文学的な文章を扱う「文学国語」という選択科目に分かれる。この科目再編を巡り賛否両論が起こっている。本書は、同様の議論が繰り返されてきた国語教育の歴史を丁...

残り 675文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR