『新 科学する麻雀』 とつげき東北著

 著者が最初に出した『科学する麻雀』(講談社現代新書、2004年)は衝撃的だった。ネット対戦の統計データから、確率論に基づく打ち方を提唱。そして、マージャンで一見よくある「流れ」(好調な人ほど次も好調だとする考え)を明確に否定した。実戦に役立てようと、何度も読み返したものだ(ただし結果はやはり負け続...

残り 245文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR