『軍艦少年』 廃虚の炭鉱 島への思い

 炭鉱に対するイメージは、2000年代後半に大きく変わった、と感じる。それまでは「危険と隣り合わせの現場」「過酷な労働」「閉山後の地域経済衰退」など負の側面が強かった。しかし九州最後の池島炭鉱(長崎県)が01年に閉山するなど国内から炭鉱が消え、生々しい記憶は薄らぐ。そして「日本の近代化と戦後復興を支...

残り 653文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR