小学校の毛筆書写教育 豊かな表現力磨くために

純真学園大・短大客員教授 平嶋一臣氏

 「先生、もっと書きたい!」「習字、大好き!」「鉛筆より難しいけど面白い!」

 4月、小学3年生向けに行った書の出前授業での子どもたちの反応だ。文房四宝(ぶんぼうしほう)(筆、墨、硯(すずり)、紙)に初めて触れた子どもたちの喜びが伝わってくる。しかし、子どもたちは次第に書写学習に意欲を失ってしまう。3年前に小学3年、6年を対象に行った調査では、「書写の授業が好き」と回答した子どもは3年生で82・6%いたのに対し、6年生では...

残り 847文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR