食糧難救ってくれたヤギの乳、今は古里ににぎわい呼ぶ「家族」に

久留米市城島町青木島の〝園長〟 松本学さん(81)

 筑後川下流域の堤防道路を車で走ると、背の低い草が茂る土手でくつろぐヤギの群れが目に飛び込んでくる。その数、約40匹。9年ほど前から久留米市城島町青木島で除草のために飼われている。ひもでつながれているのを感じさせないほどに自由に動き回り、むしゃむしゃと...

残り 844文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR