報道教材として中村哲医師学ぶ 2年ぶりにNIE推進協が県大会、福岡市

 新聞を学校の授業に生かすNIE(教育に新聞を)の第15回県大会が3日、福岡市中央区の春吉小(山口猛虎校長)で開かれ、オンラインも含めて教育関係者約140人が参加した。県教育委員会や新聞社などでつくる県NIE推進協議会が主催した。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止したため、2年ぶりの開催となった。

 大会では、干ばつで食料難に苦しむアフガニスタンでかんがい事業などに尽力、2年前に亡くなった中村哲医師を知り、地球の課題解決や国際協力を学ぶ6年生の社会科の公開授業があった。...

残り 499文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR