大和の護衛艦や種子島飛行場への空襲…米軍撮影の映像を公開 宇佐の団体

 太平洋戦争時に米軍が撮影した映像の解析に取り組む大分県宇佐市の市民団体「豊の国宇佐市塾」は4日、撮影の日時や場所が特定できた映像13本(計26分56秒)を同市で報道陣に公開した。鹿児島沖で戦艦大和を護衛する駆逐艦や、海軍種子島飛行場(鹿児島県)への空襲を捉えたもので、いずれも米国立公文書館から入手した。「貴重な資料ばかり」としており、来春に同市で催す平和イベントで一般公開する予定。

 沖縄へ海上特攻に向かう戦艦大和を護衛する「冬月」らしき駆逐艦への空襲シーン(1945年4月7日)は、厚い雲の下、...

残り 344文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

大分県の天気予報

PR

PR