「循環」を地で行く草小積み

 「何も持ち出さず何も持ち込まない、ですよ」。阿蘇の草原で牧野作業体験会を取材した際、牧野組合の方の言葉に感じ入った▼参加者は牧草を保存するための「草小積み」を作った。刈った草を束にして積んでいく。束をまとめる縄も、雨露をしのぐためにかぶせるトベ(屋根)も草で作り、トベを留めるにはカズラのつるを使う...

残り 138文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR