冬の黒川温泉照らして10年 「湯あかり」18日から 鞠灯籠作り着々 

 黒川温泉(熊本県南小国町)の呼び物「湯あかり」が今年も18日から始まる。放置竹林の間伐・再生活動として地元有志が2012年冬に始めて今年で10年目。宵闇に浮かぶ鞠灯籠(まりとうろう)の柔らかな光が里山の温泉街を包み込む風情は観光客らを魅了する。その輪は広がり今では黒川だけでなく他の温泉地でも行われ、南小...

残り 460文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR