玄海原発の事故想定し原子力防災訓練 長崎県の30キロ圏内4市

 九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の重大事故を想定した原子力防災訓練が4日、原発30キロ圏内にある松浦、佐世保、平戸、壱岐の4市と県庁であった。例年は福岡、佐賀両県と合同訓練を実施しているが今回は日程が合わずに県単独で実施。新型コロナウイルス禍での訓練であることも踏まえ、参加者は約900人と昨年同様...

残り 766文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

長崎県の天気予報

PR

PR