市街地は火の海、黒焦げの遺体…佐世保空襲を語り継ぐ会 91歳体験者が証言

 長崎県佐世保市のNPO法人「佐世保空襲を語り継ぐ会」は4日、同市のまちなかコミュニティーセンターで空襲体験者の証言を聞く市民の集いを開いた。当時中学生だった中島忠さん(91)と茨木兆輝さん(91)の2人が当時の体験を語った。

 佐世保空襲では、1945年6月28日深夜から翌日未明にかけ、米軍機が同市街地...

残り 341文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

長崎県の天気予報

PR

PR