鷹のリチャード「王会長と40発約束」

 ソフトバンクのリチャード内野手(22)が4日、ペイペイドームで契約更改に臨み、500万円増の年俸1160万円(金額は推定)でサインした。今季は9月の1軍初昇格後、約2カ月で7本塁打。期待の大砲候補は5年目となる来季の目標に40本塁打を掲げた。40発を23歳のシーズンで達成すれば、1963年の王貞治(巨人)、85年の秋山幸二(西武)と並ぶ史上最年少。栄養士を雇うなど自己管理も徹底して来季の大ブレークを目指す。

 約1時間の交渉を終えたリチャードは、5年目となる来季への決意を語った。「40本は王球団会長(兼特別チームアドバイザー)と約束したので、目指すのはそこ」

 今秋のキャンプで連日、指導を受けた王氏と交わした約束だ。「強い気持ちを持てばいける。俺とおまえで40本にするぞ」。世界の本塁打王の言葉に覚悟が固まった。

 (伊藤瀬里加)

関連記事

PR

PR